鉄道模型の保管方法

あなたは、鉄道模型を持っていますか。今の子どもだと多くはゲームに走りそうです。ですので、大人や鉄道好きな子どもでないとなかなか、持っていないなんたことになりそうです。

ところがそんな鉄道模型も、時には手放す、処分しなければならないこともあります。その時の方法にいいのが実は買取です。そんな買取で金額を左右するのに実は状態があります。
その状態や保管方法について、見ていきましょう。

買取に向いている状態とは

買取をするにあたっては、相場もあります。この鉄道模型だといくらなんてものがあります。それも鉄道模型の希少さやまた最近の型か、また人気などによって、相場はとりあえず決まってきます。多くの買取店では、価格表がホームページで公開されていて、似たような金額となっています。

まずは、この価格表に基づいておおまかな金額が出されます。あとは状態を見ていくのです。
たとえば、鉄道模型本体は傷はついていないか、また塗装の色落ちはしていないか、壊れている箇所はないか、また動くのか、付属品は付いているのかや揃っているか、セットのものならば全て揃っているかなどあります。

こうした状態が加味されて、あなたの鉄道模型への買取額が算出されるのです。もちろんそれに納得いかなければ、別のお店に依頼すればいいだけです。

動して遊ぶときの注意点とは

鉄道模型で遊ぶ
査定をあげようするならば、やっぱり普段からの保管となります。
まずは、保管としては箱から出したあと動かして遊ぶときには、まずは箱も大切にとっておきましょう。飲み物で汚したなんてことがないように、キレイに保管もしましょう。

あと付属品も鉄道模型につけたりもしますが、きちんと壊れないようにしておきましょう。替えのタイヤなどあれば、それも無くさないようにします。
そして本体ですが、やはり汚れや傷があると査定は下がるので、動かすときにも傷や汚れがつかないように気を付けましょう。小さなお子さんに使わせるときには、時々は状態も確認しておくといいでしょう。

また、これまで遊んでいたのに飽きたり、動かさなくなってきたら、そのまま出しっぱなしせず、箱の中にしまった方が何かの拍子に壊れたり、傷つくこともありません。使わなくなったら箱に入れましょう。

箱から出さない時の注意点とは

次に飾ったり、もしくは箱から出さない時の注意点です。このときには、動かさないなんて人も多いでしょう。
しかし、査定では動くかどうかもチェックポイントです。ですので、時々は動くかどうかの確認も、実はした方がいいのです。大切にしまっておいたら、実は動かなくなっていたなんてこともあるので、動きにだけ要注意です。
あとは飾っている時にホコリが被らないようにこまめに掃除しましょう。
箱に入れている人もときどきは掃除しましょう。

飾っていたり、箱に入れていれば付属品をなくすのも少なくなり、また傷ついたり、汚れる機会も減るので、やはりこちらの方が査定は上がりやすいです。

保管がよくても上がるとは

基本的には、保管がよければ査定は下がりにくいではあります。しかし、お店によっては似た鉄道模型の在庫が多ければ、買取も下がります。また昔のものだと、希少そうだから査定も高くなるイメージですが、案外そうでもありません。

やはり今のお店の価格表や求めている鉄道模型を確認してから、買取を依頼した方が良さそうです。あとは、キャンペーンとタイミングも合わせる方が良さそうです。
保管がよくしながら、お店をチェックして、買取を依頼しましょう。