鉄道模型は古いものが高く売れるのか?

骨董品でも、結構な値段がつくことがあります。コレクターに高く売れたり、買取店に高く売れたりします。
やはり昔のものや希少だから価値がつくのかなと思いませんか。
ならば、鉄道模型も子どもの頃に買ったものの方が、高く買取してもらえるのでしょうか。

買取価格と買った時期の関係は

何十年も前に買って、そのまま大切においていた人もいるでしょう。中には引退した列車の鉄道模型も持っている人もいるでしょう。
そうなると、やっばり買取の金額も期待してしまうのも無理はありません。

ところが実は、買った時期と買取はあまり関係しません。古いものだからと差定額がそれだけで上がるというのはあまりありません。特に昔のものでも、ある程度の相場に従うので、実はそんなに上がらないことが多いのです。
また希少なものでも、昔のものだと需要も少ないので、逆に下がることもあります。
昔のものだからと、査定がよくなるとは考えないようにしましょう。

高くしたいのであれば

今だと最新の鉄道模型の方が、高く買取してもらえる傾向にあります。ですので古いものの場合には、お店よりもインターネットオークションやSNSなどで自分で相手を募集した方が良さそうです。
その際にも、鉄道模型の状態やまた付属品の有無などがかかってきます。
あと昔のものなので、動作の不安が大きいです。

また、希少種もお店だとなかなか評価されにくいのです。インターネットオークションやSNSならば、希少種にお金をだす人が多くなりやすいです。希少さをアピールしたいならば、インターネットを利用しましょう。

買取してもらえればいい

昔の鉄道模型だと、買取してもらえればいいくらいの気持ちの方がよいでしょう。
鉄道模型の買取は、今求められているものをいかに出せるかということなのでしょう。

関連する記事